エロい関係から恋に発展してしまったら

はじめはエロい人と出会う目的でサイトを活用していたけれど、
いざセフレになって、その相手の事を好きになってしまうという事は誰にでもある経験ですよね。
また、職場の男性とエロい関係になったけれど付き合いたいというケースもあるでしょう。
しかし、その想いは届かない事が多いです。
それでも出来るならば相手と体ではなく心でつながりたいものですよね。

■体は許さない!
割り切ったお付き合いだけと決めていたが、自分が相手のことを好きなのかもしれないと気付いた時には、それからは体の関係は持たないでおきましょう。
こちらが辛いだけだからです。
それでも会ってしまえば体を許してしまうという人は、もう会わないでおくのも一つの手です。
ただ、体の関係を許さなければもう会ってももらえないという人もいるでしょう。
そうなると、それは諦めなければならない時だといえます。
相手からすれば体にしか興味がなかったのだというのは認めたくはないでしょうが、体の関係がなければ会ってくれないような相手は諦めなければキリがありません。
どれだけ甘い言葉で上手く言ってきても、全て嘘です。
それは男性が多いですが、女性にもあることです。
そういう相手を振り向かせたいなんて思っても、なかなかそれは難しいといえます。
すっぱりと諦めて違う恋愛を探した方が絶対にいいと言えます。

■気持ちは伝えるようにしよう
ただ、諦める前にしっかりと真剣な思いを伝えておくといいといえます。
相手はわからないけれど、自分は本当に好きだったんだ、体の関係とは思ってなかったんだという事は伝えておかなければ伝わりません。
こちらの真剣な思いを知れば、相手ももしかすると考え直してくれるかもしれません。
もちろん当たって砕けて辛い思いをする事もあるでしょう。
ただ、初めから、どうせ自分の事はセフレとしか思ってないと思った上で告白をすると気持ちは楽です。

■尽くしすぎはやめておく
好きだからという思いで相手に尽くしてしまう人もいるでしょう。
ただ、相手に尽くすセフレというのは、ただの都合のいい存在にしかなりません。
尽くせば想いが伝わるだなんて思っているかもしれませんが、相手はいいように使えるぐらいにしか思ってくれません。
むしろ少しそっけなくしているくらいが丁度いいといえます。
好きと言う気持ちは特に相手からすれば都合のいい存在にされやすいです。
悲しいですが、それが現実です。
好きだからこそ尽くす事はせず、晴れて恋人になれた時にだけ思いっきり尽くすようにしましょう。

■プレゼントはしない
尽くす事と似ていますが、プレゼントをあげるというのも逆効果です。
思いを伝えるためにプレゼントをしたのに、貢いでくれると勘違いされてしまうからです。
セフレというのは、相手は自分に恋愛感情をほとんどが持っていないと考えましょう。
口では好きだなんて言っても、それならば恋人になれるはずです。
恋人にはならないのに好きだといって都合よく繋ぎとめられているのです。

セフレを好きになってしまったら、他にその相手よりも素敵な人がいないかを必死に探してみましょう。
きっとすぐ見つかるはずです。
やはり恋人にするのは、体の関係がない人が一番です。
というより、恋愛感情を持ちやすい人は、セフレという存在を作らないことが一番です。
つまり、恋人でない限り体は許さないべきだといえます。
そして、つらい恋愛をなるべく回避していきましょう。
体と心は別物とはいっても、やはり心も大切にはしたいですよね。
そうできる為にも、不特定多数の誰とでも体の関係を持つという日々とは、お別れをしてみてもいいかもしれませんね。